技術調査業務  ご相談は、042-660-7814 へお電話ください

技術調査部門では、高い専門技術と特許調査力を武器に、最新技術の調査・分析やベンチマーク調査などで、これまでに1000件を越える調査依頼を頂いて来ました。

1.当社の技術調査・技術評価業務の特長

特長1.高い専門性

当社の技術調査スタッフは、長年企業の研究開発の第一線で活躍し、研究開発現場を肌で感じてきた技術者集団です。学位(工学、理学、薬学、農学博士)、技術士、弁理士等の資格保持者は40名を超えています。 技術調査にあたっては、専門性をベースにして技術レベルの高い報告書を作成します。

 

特長2.高い特許調査力

技術調査スタッフは、特許庁のサーチャー資格を持った調査員による日常の指導で特許検索のスキルの向上に努めてきました。技術分野毎に専門性の高い特許の評価・分析を行います。知財戦略立案にもお役に立っています。

 

特長3 広い技術調査分野

技術調査・特許調査はほぼ全産業分野をカバーしています。特にバイオ/医療分野、有機/無機材料分野、情報通信分野、環境・エネルギー分野、自動車関連分野(センサ、モータ、電池、人工知能等)は当社の強み分野であると自負しています。また継続的に調査スタッフの増強を進めてきました。フレッシュな調査の視点を大切にしています。

 

2.調査報告作成の手順

①お客様よりメールや電話で技術調査の概略内容を承ります。

↓ 

②当社の研究調査スタッフと取り纏め者が、必要に応じてお客様を訪問して、調査の目的や調査の範囲等の調査仕様の詳細を相談させて頂きます。

③ご相談の結果に基づいて、調査の主な仕様、納期、金額を記載した御見積書をお送りいたします。特に、お客様の抱える技術課題の解決に直接お役に立てる調査仕様作成に心掛けています。

④発注書を送付頂きます。

⑤メール等で調査の進捗状況をご連絡し、必要な場合には中間打合せを行います。

⑥最終報告書はご要求納期までにハードコピーおよび電子データファイル一式をご指定の部署に郵送いたします。

⑦調査報告書のご説明、または調査報告会と質疑応答に対応いたします。

3.技術調査・技術評価業務内容

技術調査部門は技術調査、特許調査を中心に多様な技術サービスを提供しています。

4.技術調査事例

  業務の種類 業務の内容
 技術調査

 ・技術調査・分析・市場性評価

・新技術の応用探索

・投資のための企業の技術分析と比較評価

特許調査

・特許の検索・評価と分析

・動向調査・特許の技術的有効性分析

・特許調査に基づく知財戦略の提案

技術コンサルテーション

・精密機械設計とシミュレーション

・技術コンサルテーション

・機器の不具合分析と対策提案、裁判所調停対応

4 その他の技術サービス

・インタビュー調査、アンケート調査

・研究機関の技術情報発信支援

・専門技術者派遣(H27年10月より開始)

 

過去2年間の、主な技術調査・技術評価の事例を紹介いたします。

 

技術分野

技術調査テーマ

材料技術

・無機材料(金属、セラミックス)

・有機材料(高分子材料、CFRP等)

・機能性材料(圧電材、熱電材、磁性材)

・半導体(SiC ,GaN,ダイヤモンド、有機半導体)

・マテリアル・インフォーマティクス(MI)

環境・エネルギー関連技術

・新エネルギー(太陽光、風力、バイオマス発電)

・蓄エネルギー(燃料、Li、レドックスフロー電池)

・スマートグリッド

・電力機器(モータ、PCS、SVG、フィルター)

・資源探査技術、油水分離技術

情報通信技術

・クラウド、仮想化、ビッグデータ解析

・IOT/新サービス

・AI/ニューロコンピューティング

・自動運転・遠隔運転・予防安全と通信技術        

医療・バイオ関連技術

・生物の味覚・嗅覚情報処理、生体情報センシング

・製薬分野/バイオ医薬の検査・計測、品質管理

・再生医療機器/医療ロボット

・分子・細胞観察/可視化技術、電顕活用技術

・ヘルスケア分野の市場動向・標準化動向

特定分野技術の特許調査と分析

 

・太陽光発電デバイスの特許分析と知財戦略提案

・高熱伝導セラミックス材料特許の評価・分析

・SiC半導体結晶欠陥低減技術

・EV用モータ特許調査と分析

 

人材募集